国際物流から物流センターの運営までお客様のニーズに応える総合物流サービス企業
english
Web在庫紹介
問い合わせ
ニュースリリース
物流サービス
中国展開
国内外拠点一覧
会社案内
決算公告
採用情報

ニュースリリース

中国展開
TOP > ニュースリリース > 華東、華南で物流サービス強化
ニュースリリース
 
ニュースリリース詳細
2005/08/22

アイ・ロジスティクスが日系物流会社として初のCEPA会社分公司を上海に展開
深セン福田保税区でも新現地法人をスタート

 

アイ・ロジスティクスは、子会社の香港法人が昨年10月にCEPA(中国・香港間の経済貿易緊密化協定)に基づき日系初の独資での物流会社『広州愛捷国際貨運代理有限公司』を設立し、広州新空港に4人の担当を配置し、日本人駐在員が管轄、日本向け直行便航空貨物取扱いで30%強のシェアーを取るなど、海上輸送を含めた国際輸送事業および倉庫運営事業を順調に進めてまいりましたが、この度、日系物流会社としては初めてとなるCEPA会社の分公司を8月に上海にて24名体制でスタート致します。

アイ・ロジスティクスは、従来より上海に独資で「愛通国際物流(上海)有限公司」を経営しておりますが、現在の中国の規制では100%外資の物流会社には通関・輸送までを行える一級貨運代理免許の取得が認められていないため、開放予定の2005年末を待たず、上海にCEPA分公司を設立して国際送事業を中心に機能強化とお客様へのサービスの充実を目指します。この度のCEPA分公司により、華東地区のお客様に対しては下記のサービスが実現致します。

1) アイ・ロジスティクス100%出資であることによる日本企業ならではの、きめ細かいサービスの提供
2) サービス料金の現地通貨でのお支払い
3) CEPA会社による国際フォワーディング事業と、他伊藤忠グループ事業会社による中国国内物流との連携により、総合一貫物流サービスの提供


一方、深セン福田保税区においては新たに同じく香港会社100%出資の『愛通国際物流(深セン)有限公司』の認可を7月に取得し、保税倉庫業を中心に更なるサービスの強化を図ります。この結果、アイ・ロジスティクスの中国の拠点は5独資法人・3合弁法人・7事務所となり、点から面への展開を急ピッチで進めていくことにより、2008年には売上70億円を目指します。またアイ・ロジスティクスは引き続き親会社である伊藤忠商事の物流部門の中国事業会社4社とのCo-workを強化し、これら全拠点・機能を活かした国際一貫輸送体制をより充実させ、中国進出日系企業の皆様にご満足頂けるロジスティクス・ソリューションを提供してまいります。

CEPA新会社の概要(予定)
会社名 広州愛捷国際貨運代理有限公司上海分公司
登記場所 中国上海市
形態 広州愛捷国際貨運代理有限公司の分公司
営業開始日 2005年8月
経営期間 20年
主たる業務範囲 国際貨運代理業務(通関業務、倉庫業務、国内運送業務)及びNVOCC業務

広州愛捷国際貨運代理有限公司の概要
会社名 広州愛捷国際貨運代理有限公司
登記場所 中国広東省広州市
登記資本 550万人民元(上海分公司新設により増資)
出資者 愛通国際物流(香港)有限公司 100%
営業開始日 2004年10月
経営期間 20年
主たる業務範囲 国際貨運代理業務(通関業務、倉庫業務、国内運送業務)

愛通国際物流(深セン)有限公司概要(予定)
会社名 愛通国際物流(深セン)有限公司
登記場所 中国深セン福田保税区内
登記資本 50万人民元
出資者 愛通国際物流(香港)有限公司 100%
営業開始日 2005年8月
経営期間 20年
主たる業務範囲 保税区内における倉庫業務関連

◆CEPA(中国・香港間の経済貿易緊密化協定)
2003年6月29日、中国政府と香港特別行政区政府が、経済・貿易取引における両者間のより一段の関係強化を目的に合意された協定であり、香港からの対中投資促進を目的としている。
その内容は<香港製品の関税免除>、<サービス分野における優先開放>となっている。

◆国際フォワーディングライセンス
中国における国際フォワーディングライセンスとは<国際貨運代理>を指し、国際貨物輸送業(キャリアー)の代理としてその輸送業務に関わる業務の一部を代行する(国際貨運代理業)の内、中央政府の批准をうけたものをいう。

以上

ニュースリリースへ
リーダーロゴ PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
左のアイコンをクリックし、無料配布されているAdobe Readerをダウンロードして下さい。